浮気の理由も様々

配偶者のある者がパートナーである異性をさしおいて、浮気をする理由はいろいろ考えられます。この場合、浮気とは、単にパートナー以外の異性を好きになるという意味ではなく、民法上も不貞行為にあたる行為、すなわち最高裁の判例によれば、「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」(最判48.11.15)を指すとします。

不貞行為が原因で離婚を決めた場合でも、日本では多くのカップルが協議離婚、または家庭裁判所での離婚調停により離婚が成立しています。離婚裁判にまで至るケースは多くありません。 その少ない離婚裁判の中で、妻の不貞が原因となり、離婚裁判にまで至ったケースの中には、様々な理由があるようです。 経済的な理由でやむなく不貞行為を行った場合であっても、その不貞関係が継続して繰り返されれば、裁判所は不貞を理由とした離婚原因になるとする判決を出すことがあります。

また、現実にはあまり起こらないことですが、新婚の初夜の相手を間違えてしまった場合、不貞行為にあたるのでしょうか。 たとえば温泉宿に新婚旅行に出かけた二組の夫婦が、同じ造りの部屋に案内され、部屋の明かりが消されていたというような場合、風呂から帰ってきたパートナーの片割れがそれぞれ部屋を間違えて入るということが、可能性として全くないとはいえません。 民法上の不貞行為は、その関係がある程度継続的であるものとされているため、この事例の場合、不貞行為があったと言うことはできません。

◇管理人特選サイト
浮気が原因で離婚した場合の慰謝料に関する相談が出来るサイトです・・・浮気 慰謝料